リスティング広告とその審査の関係

リスティング広告の審査をクリアするための基本として第一に落ちる理由をなくすことが挙げられます。一般的に審査に落ちてしまうリスティング広告は「日本一」や「世界初」とか「ナンバーワン!」という文言を使うことで最上級表現によるポリシー違反として落ちてしまいます。ただしこれには若干裏技がありギャル文字と言われる文字で表現を代用の文字にするという手段を使うとなぜか通る場合があります。

あくまで裏技なので逆に「表現、文法に誤りがある」として落ちるケースもあります。記号・句読点の過度使用も落ちてしまう理由の一つです。これは記号・句読点が文字としての広告内容表現のための意味合いに欠けるところです。また多用するほど何の広告かわからなくなるので広告としても客寄せにならない点もあります。厳しいところでは同じ記号を二つ以上使ったら落ちるところもあるので注意が必要です。少なくとも3回以上使うとまず落ちる理由になります。

リンク先エラーも落とされる理由です。利用者がリンク先に行ったらエラーになる所に信頼性は持ち得ない可能性が高いからです。またリスティング広告に対して真面目にやっていないというアピールにもなる所も地味にあります。リンク先があったとしてもアクセス制限のあるサイトの作りは不承認となることがあります。あからさまなドラッグの広告はもちろん薬事法違反で却下になります。この問題はサプリメントや化粧品など健康関連商品が絡む話になります。

日本の薬事法は消費者の安全を考慮しているので非常に厳しいのが特徴です。そのためこのジャンルで挑む場合難易度が高くなります。具体的に「必ず痩せる」どころか「脂肪が減る」「癌に効く」「美白」「アンチエイジング」「白髪がなくなる」と言った効果の表現をしてしまうと最上級表現と同様の理由で落ちます。

さらにはサイト内の作りも追求するのがこのジャンルです。例えば手術前と手術後の写真を掲載や著名人が患者であることを記載患者の体験談を記載と言った文章だけでなく画像に対してもきびしくなっています。リスティングを外注にする場合HPと相場としては業者によって得意ジャンルが違うので相手によって変化するので全体的な相場というのは具体的な数値の域をでません。

逆にこの業者と限定しての相場の方が具体的な金額が出すことが可能になるポイントです。その場合は業者が手がけたリスティングを見て依頼することに適しているかから始めることになります。