リスティング広告におけるサーチターゲティングについて

リスティング広告を配信するには、専用のLP(ランディングページ)が必要ですが、キーワード毎の制作が良いと言われています。但し、関連ワードの数だけページを作るとなると、数十数百のLPとなってしまい、相当な労力と費用を要します。それ故、キーワードの絞込が重要となり、ユーザーニーズのサーチターゲティングが肝心となるわけです。

リスティング広告は、ディスプレイ広告やショッピングモール内のLPとは異なり、検索キーワードが発露の元となっています。そのパターンは幾つかに分類できるので、パターンを絞ればLPの数を減らせるわけです。それ故、マーケティングにおいては、ホームページの作成実績が豊富な会社に依頼することが重要です。

リスティング広告のサーチターゲティングで先ず挙げられるポイントは、指定キーワードと一般キーワードかです。前者は購入サイトや商品の企業を指定するもので、購買行動に直結しています。その次に挙げられるのが、行動キーワードと情報キーワードです。前者は商品を購入することが目的で後者は商品の情報を取得することを目的としています。そして、ランディングページを制作する上では、行動キーワードの攻略を目指す必要があります。

行動キーワードに絞ることで、LP改善の難易度が下がることになり、ユーザーに対する行動喚起の必要性がなくなります。即ち、企業や商品名と「購入」や「申込み」等の行動キーワードを合わせることで、行動促進のコミュニケーションに特化できるようになります。これはCVRが元々高い傾向にありますが、専用のLPを設けることで、より高めることが可能となります。

行動キーワード用のランディングページを指名キーワードに導入することで、CVRを改善することができます。例えば、ある商品名で検索をかけた人は、商品のCM見たいだけの人もいます。それに対して、リスティング広告の広告文に行動訴求性をもたらせれば、無駄なクリックを回避することができます。指定検索のリスティング広告のリンク先を行動キーワード用LPにすることで、競合他社に先駆けて優位性を獲得することが可能です。

さらに、ユーザーの心理を踏まえて、「見るモード」でLPを制作することがポイントになります。LPが見るモードになっていないと、素通りされてしまう可能性が高くなります。そして、商品やサービスのベネフィットを明確にすることで、ユーザーの心の中に、有益な情報としてインプットすることに繋がります。加えて、行動キーワードを検索したユーザーは、既に購買モチベーションなどが高まった状態にあります。それ故、余計な広告文は載せずに、シンプルにアピールすることも大事になります。