カジノでのタバコについて

最近の日本では喫煙者に対する風当たりが強くなりつつありますが、海外のカジノでのタバコ事情はどのようになっているのでしょうか。これは、一般論として言えば、風当たりが強くなりつつある日本以上に厳格だと思っておいて間違いはないでしょう。そもそも日本における喫煙規制の厳しさは欧米発祥というか、欧米からの圧力という側面も強いのが事実だからで、まだまだ日本のほうが甘い面があるのです。欧米のカジノではタバコ禁止、全面禁煙のところもあり、喫煙者はカジノ外の路上で喫煙するしかないという場合もあります。

ただ、やはりカジノをよく利用するような人には喫煙者の比率がそれなりに多いことも事実で、完全に締め出してしまうのは経営上も決してプラスにはなりません。そのため、屋内でも吸えるようになっていることが多いですが、その場合でも非喫煙者が吸いたくもない煙を吸わされることがないように分煙が徹底されています。単に場所で分けているだけでは煙はいくらでも流れ込んできてしまいますからそのような仕組みではなく、部屋として完全に分けられている形です。

このようにして喫煙者も非喫煙者も同じようにカジノを楽しめるようになっているわけです。ちなみに、欧米ではカジノだけに限らず禁煙とされている場所での喫煙には非常に厳しい措置が取られることが多いです。これは海外から来ている観光客であったとしても関係ありません。日本円にして万単位の罰金を取られたりすることもありますので、喫煙者の人はその場所がタバコを吸って良い場所かどうかをしっかりと確認してから吸うようにしましょう。その場合でも周囲の人に配慮するなどはマナーとして必要です。日本人として恥ずかしくない行為をしましょう。

もちろん、タバコを吸いながら気軽にカジノをしたいということなら、ベラジョンカジノのようなネットでのカジノでプレイするというのも大いにありだと思いますよ。