知っておきたいリスティング広告の仕組みとは

サイトへの集客を増やすためには、リスティング広告が効果的に活用できます。その仕組みは、ユーザーが検索で使用するキーワードを入札により落札することで、その検索結果の画面にサイトの広告を表示してもらえるようになるというものとなります。多くのユーザーが使用するメジャーなキーワードとなれば、落札価格もそれなりに高くなります。

また検索結果の画面において、どの位置に表示されるのかも落札価格によって異なります。必要な費用は落札価格だけではなく、ユーザーがクリックするたびに料金が加算される仕組みとなります。このクリック単価もサイトを表示してもらう場所により異なります。またリスティング広告は、マーケティングにより集客するユーザー層を限定すると際にも役立てることができます。

ユーザーによっては、求める情報の質や目的などに応じて、検索ワードにも違いが出てきます。何かしらの問題を抱えているために解決策を探しているのか、それとも具体的に購入を検討している中で商品やサービスを求めているのかなどが違うというわけです。このようにサイトにとって売り上げにつながりそうなユーザーを特定するためにも、リスティング広告は便利に活用できます。

キーワードの組み合わせによって、ターゲット層を限定することかできるので、他者のサイトとの差別化も図りやすくなります。単独では使用頻度の低いキーワードを落札しておくことで、費用対効果を高めながら多くの集客が見込めるようになるわけです。

このようなマーケティングが難しいとあれば、高品質なHPと代行業務を頼める業者に依頼することも効果的です。LPの作成にもマーケティングの技術が必要になりますし、そのコンバージョン率を高めるためにはユーザー層を適切に選ぶことも大切です。またリスティング広告で選定するキーワードを工夫すれば、マーケティングを効果的に行うことも可能です。それぞれのキーワードにおけるアクセス解析を行えば、ユーザーがどのような行動パターンを取るのかを分析できるからです。

その結果、サイト内でどのようなルートでリンクを辿ればランディングページでの成約につながるのかを調べることができます。そのデータを活用してコンテンツを充実させたり、内部リンクを再構築することもできます。自社でそのようなノウハウが蓄積されていないようであれば、リスティング広告に関する技術を持った業者に依頼することで成約率の高いLPを作成してもらうことができます。