リスティング広告とサーチ広告の違いについて

リスティング広告とは
広告をあげるのは、ウェブの世界では、サイト上に載せるのが通常です。例えば、ブログでは多くの広告が掲載されています。そして、この広告は、訪問者の趣向に応じて広告内容を変更させています。これが、検索連動型でのサーチ広告というものです。固定での広告ではなく、サーチ広告では、どのような広告が表示されるか分かりませんが、訪問者の行動状況に応じて表示されています。ここで、リスティング広告というものもあります。これは、ある検索をした時に、例えSEOにおいて上位に表示されないコンテンツであったとしても、検索文字と連動したいたら、画面の上部に広告が表示されるものです。実際にブログなどを訪問しなくても広告が表示されます。

リスティング広告の魅力
リスティング広告を活用すると、サーチ広告のように無造作に広告が表示されるのではなく、わざわざ検索してきた人に対して表示されるので、商品を購入する意志が高い人に対して表示されることになります。つまり、これから顧客になってくれそうな人に表示されるので効率的に広告活動を行うことができます。

効果的な広告をするには
リスティング広告では、対象となる人に効果的に広告を表示することができるのですが、何も考えずに表示しているだけでは大きな効果を期待することはできません。せっかく顧客になる可能性のある人に表示させているのですから、魅力的なキャッチフレーズを表示させる必要があります。このスペースは、紙上での広告よりも大きなスペースがあり、ある程度の自由が許されます。つまり、自由に広告枠を使うことができますので、それぞれの個性を出すことができるのです。このことは、個性のない文字の羅列だけの広告では見向きもされないということを意味します。

ですから、どのようなフレーズで差別化をするかが重要であり、実際にサイトに訪問してもらうことが最大の課題です。ここで、リスティング広告を出す場合の注意点を紹介します。リスティング広告では、一回クリックされるごとに広告料を支払う必要があります。どの広告が表示されるかについては、オークション形式になっています。つまり、より高い広告料を支払う広告主の広告が表示されることになります。ですから、安い広告料しか支払うことができない広告ではそもそも表示されない可能性があります。また、頻繁に表示させるには大きな資金が必要なため、資産を圧迫する可能性もあります。