初心者でも出せる、リスティング広告とはどんな広告?

リスティング広告とはYahoo!やGoogleなどの検索エンジン上で、ユーザーがなんらかのキーワードで検索した際、その検索結果として表示されたページの上部や下部に表示される広告の事です。キーワードと連動して表示されることから「検索連動型広告」と呼ばれることもあります。Yahoo!の場合はYahoo!プロモーション広告、Googleの場合はGoogleAdWordsが広告を配信している会社です。

このリスティング広告を使うと、お金を出しさえすれば、検索された結果出てくるページの上部に広告を表示させることが出来るので、非常に効果的な広告運用ができます。なぜかというと、あるキーワードで検索した人は、そのキーワードに関する何らかの情報を必要として検索しているわけですから、その人はそのキーワードに関する何らかの商品も必要としている可能性が高いのです。

ということは、不特定多数に大量に打つ広告に比べ、リスティング広告はターゲットがかなり絞られているので、成約する可能性も高くなります。そのような意味で、リスティング広告は、初心者の方にもハードルが低い広告媒体なのです。

また、リスティング広告は、広告費用の発生の仕組みも初心者が参入しやすい形になっています。というのは、リスティング広告は、広告が表示されたことで費用が発生するのではなく、クリックされた時にはじめて料金が発生する仕組みになっているからです。

更に、このクリック料金に関しても、広告主自身が入札価格として設定できますので、予算に応じて広告費をある程度コントロールしながら運用できるわけです。広告が掲載される順位は「入札価格」×「広告品質」で決められますので、順位が低いと思えば入札価格を上げてみるなど、その都度調整を自由に行えるのも特徴です。

しかし、いざ広告を出稿するとなると初心者には難しいのではないかと思う方も多いかもしれません。確かにリスティング広告と一口で言っても、現在は様々な形の広告があり、プロレベルの知識がないと出稿が難しいタイプの広告もありますが、テキスト広告であれば、初心者でも出稿するのはそれほど難しくはありません。テキスト広告はタイトルと説明文、表示URLさえ作成できれば簡単に広告を出稿でき、あなたが誘導したいサイト先にお客様を呼び込むことが出来ます。

このように、初心者にとって、ハードルが低いのに、高い効果が期待できるリスティング広告は、費用も少額から始められますので、一度挑戦してみるのもいいのではないでしょうか。