リスティング広告と関連書籍については

リスティング広告はポータルサイトで検索をかけた時にその検索結果に連動して表示される広告のことを指します。
場所はページの上部、又は右側の部分で検索連動型広告と呼ばれています。
ユーザーは商品やサービスを探している場合が多く、その点すぐに購買する場合に利用されることも多いとされています。

リスティング広告はキーワードの単位で出稿することが出来、ユーザーの興味や関心など直接に標的にすることが出来ます。従ってキーワード検索するユーザーの求めているものが何であるのかをつかめれば顧客の獲得につながると言われています。

リスティング広告が掲載されるのはGoogleとYahooとされこの検索結果のページの一部に表示されます。検索アルゴリズムはGoogleが元になっていて国内のシェアではYahooが約6割を占めるとされています。Google AdWords広告が検索結果のページに表示され関連のサイトでも同じく表示されます。
サイトへユーザーを導く方法としてはSEO対策と呼ばれる方法が知られていますが、これは検索エンジンのランキングのアルゴリズムに従って順位付けが行われています。これで効果を出すには多くの時間や労力、コストがかかります。というのもこのアルゴリズムは変更が行われることがあってこうすれば効果が出ると言った方法はなかなか無いと言われています。

リスティング広告はキーワードの入札価格とか広告の品質によって表示される順位が決まる為に費用をかければ検索結果の上部に表示させることも可能になります。従って時間もかからないために比較的に短期間にその成果を出すことができると言われています。

その他にリスティング広告では入札価格の設定を自由に行えることやこれを安い価格から始められること、あるいは表示の順位を入札価格で幾分コントロールできるという特徴を持っています。
出稿にも手間がかからないとか表示させるリンク先を設定できたり、表示させるかさせないかの設定も自由にできるというメリットも持っています。
リスティング広告はクリックされると課金される仕組みになっていてPPCペイ・パー・クリックと呼ばれ価格と品質で決定されます。最低入札価格というものがあり検索数の多いキーワードほど高くなる傾向があります。

出稿では広告文を設定することが出来ます。タイトルや説明文、表示するURLやリンクのURLには文字数の制限があります。
リスティング広告にはランディングページLPが必要になりキーワード別の特性を把握することが重要です。結果が出るホームページ制作についてはリスティング広告の運用を専門に行う業者も存在します。又、これに関する書籍も多く出ていて大手の通販サイトで書籍検索をかけるとヒットします。