リスティング広告におけるスマホ対策

スマホにおいてもリスティング広告はYahooスポンサードサーチやGoogle AdWordsは効果的です。一般的にスマ-トフォンのほうが高く課金される傾向があるためです。これは利用者が常に携帯しているので利用率がパソコンより高い点が第一の理由となります。特に出かけている時調べるなら高確率でスマホであるという所はリスティング広告にとってスマホの方が利用されるからです。また休日などは利用者がどこかへ出かける計画をスマ-トフォンで探すケースが多いのでパソコンよりキーワード検索の可能性が大きくなります。観光地へ行くにしてもショッピングや遊びに出かけて行くにしてもスマ-トフォン携帯で行くのがもやはや当たり前になっているのでモバイル(スマ-トフォン)向けのリスティング広告を作らない手はありません。

スマ-トフォン向けのリスティング広告を掲載させるにはまずパソコン用のものがあらかじめあることが条件です。また一種類のみ制作の場合パソコン向けととスマートフォン向けの両刀ページになる仕組みになっています。そのためどちら向けに作ったかによって見え方が良かったり悪かったりします。スマ-トフォンは基本的に掲載容量が低いのでパソコン用のものを見ようとすると非常に見辛くなります。また掲載数は最大2広告までなので検索したとしたら順位としてその1位と2位しか表示しないのも難易度が高い所です。よってまずパソコンのページを作ってスマートフォン向けのページも別に作って広告作成画面でYahoo!スポンサードサーチならば「優先デバイス」の「スマ-トフォンに優先的に配信」にチェックを入れます。Google AdWordsならば「デバイス設定」の「モバイル(スマ-トフォン)」にチェックを入れます。

今話題のHPと執筆代行の場合効果的なランデングページの目安の基本となるポイントがあります。まず有名で使いやすいとされるQUEST FORMULA(クエストフォーミュラ)でという型があります。まず客にとって選別情報が必要だとしっかり伝える必要があり興味を持たせる役割のもの。そしてターゲットの悩みや欲求に対し理解・共感でハードルを低くする点で具体的なエピソード困っている的なシーンなどを描写できると共感性が高まります。さらに教育問題を明確にして解決策を提案します。LPとして商品が販売できるかのポイントに見込み客の欲求を高め「欲しい」と思ってもらえるよう興奮させるのも効果的です。意外性手法として利用者への意外性として転換・申し込み後押しすることもありです。例えば先着300名キャンペーンや限定で半額!といったものは多用はできませんが効果的です。