カジノを利用すると摘発されてしまうのか

カジノを利用することによって、摘発の可能性があるかというとこれは確かに存在します。ただし、全てのカジノがそうだというわけではなく、摘発の対象になるようなところで遊んでいると、店も客も捕まってしまう可能性があるということです。例えばラスベガスやモナコのような場所で、法律で禁止されているわけではなく国から認可を受けているような店では当然捕まることはありません。

これは法律によって賭博が禁じられている日本人が遊んでも同様に、海外の合法の地域で遊ぶ分には日本の法律が適応されるものではありませんから、帰国後に捕まってしまうということもないので安心です。そして、これらの地域で万が一店が許可をとっていなかったとしても、客が捕まる可能性は低いでしょう。その場合には店が許可をとっているのかいないのかは客がわかるものではありませんから、事情聴取を受けることがあったとしても、捕まるには至らないと考えられるためです。

それでは利用するカジノが日本にある場合の話ですが、これは間違いなく摘発されてしまうリスクがあり、店だけでなくその場にいた客も摘発の対象になります。日本の中の話となれば賭博法が適用されますから、実際に賭けが行われている賭場は店も客もどちらも罪になるので捕まりうる理由となるのです。

少し難しいのはネットカジノで店側が許可をとっていて運営をする国で合法だった場合、どちらの法律が通用するのかということになります。店は当然合法ですし、海外に拠点があるので日本の法律で縛ることはできません。しかし、利用者は日本に在住していて日本で利用をしているので法律違反と見ることもできます。これは現状ではグレーゾーンとなっていて、直ちに摘発される代物ではありませんが、今後法整備がされてどうなるかはわかりませんから、注意するにこしたことはありません。